肝機能の低下は疲労のもと

肝機能の低下は疲労のもと

昼間なのに眠かったり、だるかったりすることがある場合は肝臓が疲れている
サインのことがよくあります。

 

 

 

肝臓はとても重要な働きをしています。代謝や栄養の貯蔵、解毒などです。
どれもとても大切な働きです。肝臓は食べ物から摂取した栄養を各細胞に送ります。

 

 

 

 

 

肝臓が疲労してしまい正常な働きをしなければ、摂取した栄養素を十分に
燃焼させることができず体外に排出されるので、体が栄養を十分に吸収出来ません。

 

 

 

 

体は新しい細胞を作ることが難しくなりますし、疲れをとる為に必要な栄養素も不足してしまいます。

 

 

 

また肝臓には解毒の働きがありますが、肝臓の機能が低下してしまうと疲労のもとや
毒素を解毒する機能が低下してしまいます。

 

 

 

 

 

慢性的な疲労が続いている場合は肝臓の不調が考えられますので、受診されることをおすすめします。